EDの原因と改善

EDの原因は運動不足?薬価が意外にも安い日本

EDは男性にとって恐怖の健康問題です。
薄毛や肥満、心労に次ぐ深刻な健康問題であり、男性機能の減衰ですので、成人男性にしか見られないハンディキャップになります。
発症する原因や年齢も実のところ、バラバラです。
20代で早々とEDを抱える方がいらっしゃいます。反対に40代、50代と年齢を重ねても全く性欲が落ちない男性陣も少なくありません。
食生活やストレス耐性、そもそもの性欲の強さ等、EDになるかならないかには様々な物理的要因がからみ合っています。

しかし、EDを抱える男性陣に共通して見られる生活習慣があります。
それは、いわゆる出不精な暮らしです。毎日仕事や勉強に追われる現代の日本人男性、ついつい平日の仕事終わりや休日は、自宅に引きこもりがちです。
一日ネットやゲームで遊ぶ方々も増加しており、以前にも増して運動不足が進行しています。
運動不足は体全体の血行を阻害し、勃起力低下を進行させます。
また運動不足な毎日が続くと、ストレス解消が上手く行かず、ちょっとした問題で心が折れやすくなるのです。

運動不足が原因のEDであれば、軽いジョギングや散歩、好きな趣味のスポーツを始める事で自然と治ります。
一方で心因性EDだった場合は、原因が運動不足ではなく、ストレスの過剰蓄積になりますので、
同じく軽い運動をライフスタイルに取り入れながら、同時にED治療薬の摂取をするのが賢い案です。
幸い日本の薬価は他の先進国よりも低くなりました。医薬品先進国の米国にはまだ薬価の安さが及びませんが、
薬リーズナブルな薬価が設定されたED系ジェネリック製品が国内からでも入手可能となりました。
治療薬が非常に高価だったのも今では昔の話です。
運動不足の解消と並行し、治療薬を服用すれば、効率よく下半身のハンディキャップが改善します。