EDの原因と改善

そもそもEDってなに?

EDとは英語の「Erectile Dysfunction」を略したもので、勃起機能の低下を意味しており、日本では「勃起不全」「勃起障害」と訳されています。
ただし、全く勃起しない状態だけを指すわけではなく、勃起に時間がかかったり、勃起を維持することができないなど、「満足な性行が行えない状態」をEDと定義しています。
日本人では4人に1人が満足に性行為ができない状態に陥り、中程度の症状にかかっているとされ、加齢とともに増加して40代では5人に1人、60代になると2人に1人は自覚していると言われています。
特に多いのは、俗に言う中折れや行為の途中で萎えてしまうことで、他にも自分の意志に反して勃起したかと思えば、すぐに萎えてしまうなど生殖器が正しく機能しない状態が続きます。
EDになる原因は実に様々で、加齢による男性ホルモンの減少、ストレスなどの精神的な問題はよく噂になりますが、この他にも喫煙・飲酒・高血圧などの不摂生な生活習慣などでも起こります。
勃起のメカニズムには、性的な刺激か興奮を覚えることで、神経を通じて陰茎に伝達され、陰茎動脈の拡張によって血液が海綿体に流れ込むことで起こります。
このサイクルの中で、特に海綿体に流れ込む血液の量が問題となり、生活習慣が不規則な人は、血管拡張が上手く働かずに血液が十分に集まらない、あるいは集まってもすぐに流れていくといった状態になります。
この状態が続くと、今度は「またやってしまった」「もうダメだ」といったネガティブな気持ちに陥り、精神的なEDを含めた状態になります。
肉体と精神のEDは、それぞれ別の要因となっているため治療方法も変わるのですが、複合的なEDに陥ると寺領時間が2倍以上かかるなど、非常に困難になります。

■オススメのED治療院はこちら
ED治療
レビトラ通販情報
■EDも通販で治す時代です
タダラフィルの効果について
■膣の潤いを保ち中折れを防ぐ
フォルカン